田坂広志の著書『未来を予見する「5つの法則」』の英訳版が出版されました

2009年6月15日 田坂広志

田坂広志の著書『未来を予見する「5つの法則」』の英訳版が出版されました。


英訳版のタイトルは、



THE FIVE LAWS TO FORSEE THE FUTURE



です。



———————————————————————————————

『未来を予見する「五つの法則」』



この新著は、これまで私が

幾つかの著作の中で述べてきた

「弁証法的思考」(Dialectic Thinking)

について語ったものであり、

この思考法を用いると、

どのような未来が予見できるかを

語ったものです。



具体的には、これから人類社会に起こる

様々な「パラダイム転換」について

歴史的なスケールから述べた著作です。



例えば、

マネタリー経済から、ボランタリー経済へ、

享受型イノベーションから、参加型イノベーションへ

政治的民主主義から、経済・文化的民主主義へ

言語コミュニケーションから、非言語コミュニケーションへ

考える文化から、感じる文化へ

単一才能社会から、多重才能社会へ

単一人格社会から、多重人格社会へ

イデオロギーから、コスモロジーへ

一神教から、多神教へ

機械論的世界観から、生命論的世界観へ

西洋文明から、東洋文明へ

といった、パラダイム転換が、

これからの人類社会において、起こります。



この新著では、これらのパラダイム転換について語りました。



なお、この新著の内容は、

最近、ニューヨーク、ジュネーブ、バルセロナなど、

海外での講演においても語ってきましたが、

多くの聴衆の方々から、有り難い共感の言葉とともに、

「この講演の内容を、英語で出版するべきだ」との勧めをいただきました。

そうした背景から、この新著は、「日本語版」とともに、

「英語版」(The Five Laws to Foresee the Future)を

同時出版をさせていただくものです。