大西康夫さんが、「気候変動とその影響と対策」の会議/学会 に出席されます

2009年12月02日 大西康夫

ソフィアバンク・パートナーの大西康夫さんが、

アメリカのNational Academies of Sciencesの要請で、

12月2日と3日に首都ワシントンで開かれる

“Climate Change, Regional Consequences and Management Measures “

(気候変動とその影響と対策)の会議/学会 に

アメリカの代表者8人の一人として出席されます。



ウクライナのAcademy of Sciencesの代表者8人との

合計16人がこの気象変動の会議/学会に参加します。



ウクライナ政府がウクライナのAcademy of Sciencesに

国際的権威と共同で気候変動の対策について助言する事を求めました。



この会議/学会の目的は気候変動の下、

極端な天候、大洪水等を予測できるかどうかを審議し、

それに備えての国の方策や組織立てのへの助言をする事です。


The (U.S.) National Academies of Sciences invited Dr. Yasuo Onishi to participate in a joint National Academies of Sciences’ workshop on “Climate Change, Regional Consequences and Management Measures,” held in Washington D.C. on December 2 ~ 3, 2009. Eight scientists each from the (U.S.) National Academies of Sciences and Ukraine Academy of Sciences will participate in this climate change workshop. The Ukrainian Government asked Ukraine Academy of Sciences to advice on climate change impacts and requested it to consult with international expertise. The aim of workshop is to examine whether extreme weather events and devastating floods, etc. can be foreseen in light of the climate change, and to advice the government on policies, e.g., those on preparedness and infrastructure.