シニア・パートーナーの大西康夫博士がメキシコ湾で起こった深海原油放流事故の解析を行いました

2010年10月18日 大西康夫



ソフィアバンクのシニア・パートーナーの大西康夫博士は、

アメリカ政府の依頼で、メキシコ湾で起こった

深海原油放流事故の解析と批評を行ないました。



大西博士は以前アメリカのナショナル アカデミー オブ サイエンス

の石油放出事故の委員会の委員でした。



この事故は、アメリカ南部沖合いのメキシコ湾で起こり、

2010年4月20日、11人の死亡者を出し、

8月5日に原油パイプラインが詰められるまで

原油をメキシコ湾に放出し続け、

その一部はアメリカの海岸に流れてきました。



この英国石油会社の石油事故は、アメリカ最悪の環境汚染事故として、

毎日アメリカ国民を心配させました。



それに答える為、アメリカ政府は二つの研究者のグループを設立し、

原油放流のアセスメントをしました。v


その一つのグループは、19人のメンバーで編成され、

ほとんど大学の教授です。二つ目のグループは、

アメリカの国立研究所のメンバーで編成されました。



大西康夫博士は、政府の依頼でこの二つ共のグループのメンバーとなり、

原油放流事故の独自のアセスメントを行い、

また他の研究者達の解析の批評も行ないました。



ホワイトハウスから発表された事故解析は、

大西康夫博士の解析と批評が反影しています。



この二つのグループの深海原油放流事故のアセスメントが

アメリカ政府の公式の深海原油放流事故の見解となっています。





Dr. Yasuo Onishi, a Senior Partner of Think Tank SophiaBank, assessed a deepwater crude oil spill accident occurred in the Gulf of Mexico, as requested by the U.S. Government. He was previously a member of the U.S. National Academy of Sciences’ oil spill committee.

The deepwater oil spill accident occurred on April 20, 2010 and killed eleven oil rig workers. The crude oil had been continuously released to the Gulf of Mexico until a crude oil riser pipe was plugged on August 5, 2010. Some oil arrived to U.S. coastlines along the Gulf of Mexico. This British Petroleum’s oil spill accident is regarded as the worst U.S. environmental accident, and has caused a great concern to the United States. To respond to this accident, the U.S. Government formed two scientific groups to assess the deepwater oil spill accident. One group consisted of 19 members, mostly with university professors. U.S. national laboratories formed the second group.

Dr. Onishi became a member of both these two groups, as requested by the U.S. Government. He conducted an independent crude oil spill assessment, as well as reviewed other scientists’ assessment results. The accident assessment released from the Whitehouse reflects Dr. Onishi’s assessment and review. The assessment result of these two groups is an official assessment of the United States Government.