シニア・パートーナーの大西康夫博士が気候変動の国際学会に出席します

2010年10月18日 大西康夫

ソフィアバンクのシニア・パートーナーの大西康夫博士は、
アメリカの ナショナル アカデミー オブ サイエンス の依頼で、
その代表の一員として、気候変動の国際学会で講演します。

この学会は “地球規模、地域規模での気候変動” と言い、
地球中での地域規模の気候変動についての会議で、
気候変動による極端な天候、農業、水資源、エコロジーの変化と
そのモデルと予測が議題です。

この気候変動の国際学会は2010年11月16日から19日まで、
ウクライナの首都、キエブで開かれます。

大西博士は洪水とその予測と、
洪水から自然環境、人命、国の経済等を守るのに必要な
全国にわたる水理網の予測システムについて、講演し議論します。

大西博士は、ナショナル アカデミー オブ サイエンス から依頼された
9人の科学者の一人として、
2009年12月にも気候変動の国際会議で講演しました。

その会議は、気候変動で影響を受ける水環境と資源の対策という議題で、
首都ワシントン の ナショナル アカデミー オブ サイエンス の本部で開かれました。

大西博士は気候変動で変化する水資源とエネルギーと、
その対策について2009年12月の会議で講演しました。


Climate Change International Conference Participation

Dr. Yasuo Onishi, a senior partner of Think Tank SophiaBank, was requested by the National Academy of Sciences of the United States to be a member of its scientific delegation to participate in an international conference on climate change. The conference is entitled “Global and Regional Climate Change”, and discusses regional climate changes worldwide, including their impacts on climate, meteorological and agro-meteorological extremes, water resources, and natural ecosystems functioning, as well as modeling and forecasting climate change.



It will be held in Kiev, Ukraine on November 16 ~ 19, 2010. Dr. Onishi focuses on flooding and its forecasting, and a required nationwide hydrological forecasting system to protect the environment, people and nation’s economy.



He was one of nine U.S. scientists previously requested by the National Academy of Sciences. These nine scientists participated in a bilateral climate change workshop on “Water Sector Adaptation for Climate Change” held at the National Academy of Sciences’ Headquarters in Washington D.C. in December 2009. He presented a paper on climate change impacts and adaptation on water resources and energy in the December 2009 workshop.