田坂広志代表が編者の書籍、『総理、新しいエネルギー社会を一緒に創りましょう』が出版されました。

2011年9月02日 田坂広志

 9月2日金曜日に、

 田坂広志代表が編者の書籍、

 『総理、新しいエネルギー社会を一緒に創りましょう』

 が出版されました。

 http://www.tkd-randomhouse.co.jp/books/details.php?id=1045

 本書は、田坂広志代表が内閣官房参与として、
 企画立案に携わり、2011年6月に首相官邸で開催された

 「自然エネルギーに関する総理・有識者 オープン懇談会」

 の内容をまとめたものです。

 このオープン懇談会は、
 ネットを介した総理と有識者・国民の直接対話という、
 世界初の試み。

 「今こそみんなが考えるべき未来のエネルギー社会の姿」をテーマに、
 日本をリードする有識者からの提言と、ツイッターからの国民の質問に、
 第94代内閣総理大臣 菅直人氏が答えました。

 【懇談会出席者】

 菅 直人  (第94代内閣総理大臣)

 枝廣 淳子 (環境ジャーナリスト)

 岡田 武史 (元サッカー日本代表監督)

 坂本 龍一 (ミュージシャン)

 小林 武史 (ap bank代表理事)

 孫 正義  (ソフトバンク社長)

——————————————————————————–

 民主主義とは、単に「選挙のときに投票に行く」ということではありません。

 真の民主主義とは、

 「国民一人ひとりが、この国の運営と変革に主体的に参加する」

 ことに他ならない。

 そして、そのためには、国民の誰もが政府と対話し、
 議論し、行動できる場を創っていかなければなりません。

 そのための、小さな一歩として、「国民に開かれた官邸」の
 新たなスタイルを試みたのです。

 もとより、これはまだ、ささやかな試みに過ぎませんが、
 こうした試みを積み重ねることによって、
 我々は、「観客型民主主義」の時代に別れを告げ、
 「参加型民主主義」の時代を切り開いていかなければならないのです。

 ――編者 田坂広志(本文より抜粋)

——————————————————————————–

 本書にご興味のある方は、
 下記のサイトをご覧ください。

 http://www.tkd-randomhouse.co.jp/books/details.php?id=1045