藤沢久美副代表が、「地域内”志金”循環(お金の地産地消)促進事業」で基調講演を行います

2011年9月23日 藤沢久美

藤沢久美副代表が、9月23日に開催されるシンポジウム
「地域内”志金”循環(お金の地産地消)促進事業」
において、基調講演を行います。

=======================================================

             愛知県 新しい公共支援事業 
        
「地域内”志金”循環(お金の地産地消)促進事業」
   
          キックオフシンポジウム     
    
      ―みんなの”志金”で地域を元気に―
        http://www.momobank.net/news/post_279.html

=======================================================

 
 【開催概要】
 
 現在、NPO等の社会課題解決のための事業に対する金融として、
 「市民ファンド」が注目を集めています。
 資金源の確保は、自助努力も当然必要ですが、
 寄附、融資等、広く社会から支援を得られる仕組みを整備しなければ、
 NPO等が「新しい公共」の一端を担うことは困難です。
 
 本シンポジウムでは、資金の受け手(NPO等)、生かし手
 (助成・金融機関、中間支援組織等)、出し手(市民)の3者が、
 「地域内”志金”循環(お金の地産地消)」の実現に向けた対話を行い、
 その確立や発展のポイントを探ります。

 【日 時】2011年9月23日(金・祝)
      13:00―16:30(開場12:30―)

 【会 場】ウインクあいち 902大会議室<br>
      愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
      ・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
      ・ユニモール地下街5番出口 徒歩2分
      http://www.winc-aichi.jp/access/

 【参加費】無料

  対象地域の中でお金を循環させたい、以下のような皆さま

 (1)資金調達に悩んでいる「NPO等」
 (2)NPO等を支援している「助成・金融機関、中間支援組織等」
 (3)お金を通した地域・社会貢献に関心のある「市民」

 【定 員】100名(先着順)

 【主 催】愛知県

 【プログラム】

  ◇基調講演:「お金の流れが社会を変える」
        ―市民がつくる新たな金融―
   藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク 副代表)

  ◇実践報告:市民ファンドが被災地を支える
        ―「地域創造基金みやぎ」の挑戦―
   鈴木祐司さん(一般財団法人地域創造基金みやぎ 常務理事)

  ◇パネルディスカッション:愛知県で”志金”を循環させるには?
             ―「お金の地産地消」の実現に向けて―
   <パネリスト>
   ―「資金の受け手(NPO等)」の視点から―
   戸枝陽基さん(社会福祉法人むそう 理事長)

   ―「資金の生かし手(助成・金融機関、
   中間支援組織等)」の視点から―
   由里宗之さん(中京大学 総合政策学部 教授)
  
   ―「資金の出し手(市民)」の視点から―
   栗田暢之さん(NPO法人レスキューストックヤード 代表理事)
 
   <コーディネーター>
   木村真樹(コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)
  

 【お申込方法】
  下記URLよりお申し込みください。
  http://kokucheese.com/event/index/16408/
  (申込締切:2011年9月21日(水)18:00)

 【お問合せ】
  コミュニティ・ユース・バンクmomo 運営事務局
  担当:木村、斉藤
  Tel: 052-331-5695
  Fax: 052-339-5651
  E-mail: info@momobank.net