田坂広志代表の著書2冊がPOD書籍として復刊されました    

2017年9月22日 田坂広志

田坂広志代表の著書2冊      

『人生の成功とは何か - 最期の一瞬に問われるもの』

『なぜ、働くのか - 生死を見据えた「仕事の思想」』

が、POD書籍として復刊されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 田坂です。

 過去、多くの人々に読んで頂いた、懐かしい著書2冊が
 お陰さまで、明日9月22日に、
 プリントオンデマンド(POD)書籍として復刊されます。

 両著ともに、単行本の発刊から10数年を超え、
 新たな形で、永く、多くの読者に手に取って頂けることは、
 著者として、とても嬉しいことです。

 これまでの小生の著書の中では、
 「生きること」「働くこと」について、
 最も深い視点から語らせて頂いた著書ですので、
 手に取って頂ければ、幸いです。

(1)『人生の成功とは何か - 最期の一瞬に問われるもの』
    http://amzn.to/2xdPdZm

   本書は、「人生の成功」についての

   「勝者の思想」「達成の思想」「成長の思想」

   という「三つの思想」を語ったものです。

   それは、我々の心の中に、同時に存在している思想であり、
   年月をかけて、成熟し、深化していく思想です。

   それは、あたかも、
   階段を、一段、一段と、深みに降りていくように、
   我々が人生において、年齢と経験を重ねるにしたがって、
   一つの思想から、もう一つの思想へと成熟し、
   さらにもう一つの思想へと深化していくものです。

   本書では、その成熟と深化の道を通じて
   我々が真にめざすべき「人生の成功」について語りました。

   初刊 単行本:2005年6月

(2)『なぜ、働くのか - 生死を見据えた「仕事の思想」』
    http://amzn.to/2haWZ2e

   本書は、「なぜ、働くのか」という書名ですが、
   その内容は、「いかに生きるか」というテーマに
   迫ったものでもあります。

   なぜなら、「なぜ、働くのか」という問いは、
   それを深く問うならば、必ず、
   「いかに生きるか」という問いに結びついていくからです。

   また、本書のもう一つの特長は、
   「なぜ、働くのか」「いかに生きるか」という問いを掲げ、
   「死生観」「世界観」「歴史観」という三つの視点から語ったことです。

   特に、小生の思想の根本にある「死生観」について、
   渾身のメッセージを語った著書でもあります。

   初刊 単行本:2002年6月 文庫本:2007年7月

 いずれの著書も、Kindle電子書籍として、
 これまでも欠かすことなく入手可能でしたが、
 新たに出版されたプリントオンデマンド(POD)書籍は、
 専用のアプリケーションソフトも機器も必要なく、
 紙の本として手元に届きます。

 なお、この二冊の著書は、
 既刊の『仕事の報酬とは何か』(PHP文庫)
 http://amzn.to/2rPsTST
 と併せ、「仕事論・人生論」の三部作として上梓したものです。

 田坂広志 拝