テレビ番組 「再び問う! 原子力行政 7つの問題」の動画が公開されました

2012年2月09日 田坂広志

田坂です。

去る1月13日に
ゲスト・コメンテーターとして出演した
CSテレビ「朝日ニュースター」の番組

「再び問う! 原子力行政 7つの問題」

が、4つの動画に分けてYou Tubeで公開されました。

この番組に興味のある方は、

下記のサイトをご覧ください。
(1) http://youtu.be/RmvYtJYX2qU
(2) http://youtu.be/0Mb_zUCdC8A
(3) http://youtu.be/8Y-2_wHL0ZY
(4) http://youtu.be/7IAVZzvPBkE

この番組においては
1月17日に上梓した新著

『官邸から見た原発事故の真実 ― これから始まる真の危機』

の紹介を兼ね、

福島原発事故の後、原子力行政が直面する「7つの問題」
について、「7つの誤解」を解くというスタイルで
話をしています。

なお、この新著
『官邸から見た原発事故の真実 ― これから始まる真の危機』
は、下記のサイトで購入頂けます。

http://amzn.to/vt0ESY
また、この新著は、10月14日に
日本記者クラブにおいて行った講演、

福島原発事故が開けた「パンドラの箱」
― 野田政権が答えるべき「国民の7つの疑問」 ―

が、公開1週間で4万人を超える方々に視聴して頂き、
多くの共感を頂いたことから、
書籍の形で、さらに詳しく語ったものです。

この講演の動画をご覧になりたい方は、
下記のサイトをご覧ください。

http://www.youtube.com/user/jnpc#p/u/0/bMRD3p2nuuI

福島原発事故によって失われた
原子力行政に対する国民からの信頼。

それを回復するためには、
政府は、原子力に対する国民の疑問に
真摯に、そして誠実に、答えていかなければなりません。

それは、「国民の7つの疑問」と呼ぶべきものです。

福島原発事故は、あたかも「パンドラの箱」を開けたかのごとく
これから、深刻で困難な諸問題を、
次々と連鎖的に、我々に突き付けてきます。

その諸問題とは、何か。
それらの諸問題に、どう対処するべきか。

この番組と講演においては、そのことを語りました。