田坂広志代表の新著 『能力を磨く - AI時代に活躍する人材「3つの能力」』 が出版されました

2019年4月18日 Books 田坂広志

2019年4月18日に、田坂広志代表の新著、

『能力を磨く - AI時代に活躍する人材「3つの能力」』

が、出版されました。

————————————————————

 田坂です。

 本日4月18日、日本実業出版社より、新著、

 『能力を磨く - AI時代に活躍する人材「3つの能力」』

  https://amzn.to/2IcMGWN

 を、上梓しました。

 いま、世界各国で、人工知能(AI)の開発が進み、
 様々な職業の現場に、その導入と普及が進んでいます。

 日本のシンクタンクと英国の大学の共同研究によれば、
 仕事の49%はAIで代替可能、との試算も発表されています。

 すなわち、これから、知的職業の半分が、
 AIによって仕事を奪われる可能性があり、
 我が国においても、社会全体で、
 「AI失業」と呼ばれるものが、深刻な問題になっていきます。

 では、そうした時代に、AIに淘汰されることのない
 人間だけができる仕事とは何か。
 人間だけが発揮できる能力とは何か。

 この問いに対して、ダボス会議などに集まる世界の専門家は、
 「クリエイティビティ」「ホスピタリティ」「マネジメント」
 などの能力を挙げていますが、
 では、どうすれば、それらの能力を身につけ、
 磨くことができるのかについては、教えてくれません。

 実は、高度知識社会における知的労働には、

 「基礎的能力」「学歴的能力」
 「職業的能力」「対人的能力」「組織的能力」

 という5つの能力が求められますが、
 前者の「基礎的」と「学歴的」の2つの能力は
 これからAIによって容易に代替されていきます。

 そのため、
 どれほど有名な大学を出た「高学歴」の人材でも、
 この2つの能力に頼って仕事をしているかぎり、
 必ず、淘汰されていきます。

 従って、これからのAI時代に、我々が、
 「活躍する人材」になることをめざすのであれば、
 後者の「職業的」「対人的」「組織的」の3つの能力を
 しっかりと身につけ、さらに高度な能力へと
 磨いていくことが求められます。

 そこで、本書では、この「3つの能力」の中でも、
 人間だけが発揮できる高度な力として「6つの力」を挙げ、
 この「3つの能力」と「6つの力」を身につけ、
 さらに磨いていくための、具体的な技法を語りました。

 本書に興味のある方は、
 下記のアマゾンサイトでお読み頂ければ幸いです。

  https://amzn.to/2IcMGWN

 本書の概要については、下記に「目次概要」を転載しておきます。
 さらに詳しい「目次詳細」は、下記をご覧ください。
  https://amzn.to/2UrORNn

 田坂広志 拝

 ◆『能力を磨く』 目次概要◆

 序 話  なぜ、いま、能力を磨かねばならないのか
    - 新たな能力の開発が求められる「3つの理由」

 第一話 「知的職業」の半分が失業する時代が来る
    - 誰もが「AI失業」を語る、しかし
      誰も「対処法」を教えてくれない

 第二話 「学歴社会」は、すでに崩壊している
    - 「高学歴」の優秀な人材ほど、AIに敗れ去る

 第三話  AI時代に求められる「職業的能力」とは何か
    - 「知識の修得力」よりも
     「智恵の体得力と伝承力」を身につける

 第四話  AI時代に求められる「対人的能力」とは何か
   - 「言葉のコミュニケーション力」よりも
     「言葉を使わないコミュニケーション力」と
     「体験的共感力」を身につける

 第五話  AI時代に求められる「組織的能力」とは何か
   - 「管理のマネジメント力」ではなく
     「心のマネジメント力」と
     「成長のリーダーシップ力」を身につける

 終 話 「AI失業」という危機は、能力を磨く絶好機
   - 「危機」を「好機」にするための「6つの力」